はじめに

人間は生まれながらにして大きな夢を持ち、その夢に向かって成長して行きます。その夢を叶えるために、健康な体を本人自身が維持しつづけることが大切ですし、そしてその成長を親はあたたかく見守っていかなければなりません。
環境破壊がつくる科学物質は子どもが最も影響を受けやすく、喘息、アトピー、精神発達障害を引き起こす恐れがあるのではないかといわれています。

子どもの健康と環境に関する全国調査(Japan Environment & Children’s Study)、通称エコチル調査は、日本中で10万人のお母さんと赤ちゃんとに参加してもらう大規模な疫学調査です。赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時から13歳に達するまで、定期的に健康状態を確認させていただき、子供の健康に化学物質の摂取が、生まれた子どもの健康にどのような影響を与えているのかを明らかにします。
この調査にご協力していただきますと早い段階から専門家によるお子さまの健康のチェックがなされますのでお子さまが健やかに育つうえでお役に立てます。


多くのご家族の協力を得て長期間にわたりお子様の発育を調べることで、良い環境を作るためのデータが得られます。将来のあるお子さまのためにこの調査にぜひご協力ください。お子さまたちが健康にすごせる環境を一緒に作りましょう。

子どもの健康と環境に関する全国調査
http://www.env.go.jp/chemi/ceh/index.html

南九州・沖縄ユニット エコチル調査ロゴマーク
日本全国には15のユニットセンターがあります。
ページトップへ