中心仮説

エコチル調査は、「胎児期から小児期にかけての化学物質曝露が、子どもの健康に大きな影響を与えているのではないか」という中心仮説を検証するものです。
この中心仮説に基づく種々の仮説を明らかにするためには、化学物質の曝露以外の要因についても併せて検討を行う必要があります。解明すべき要因としては遺伝要因、社会要因、生活習慣要因等が想定されます。

出生前後の環境要因と子どもへの健康影響

出生前後の環境が子どもの健康に与える影響

調査の対象とする環境要因(エクスポージャー)(例示)

健康影響の指標(アウトカム・エンドポイント)(例示)

ページトップへ